◆ ロマ書の学び(25)
               
        習志野バプテスト教会週報 
         二〇〇三年一〇月一二日号
         ▽信仰によって生きる

凡(すべ)ての人、罪を犯したれば神の栄光を受くるに足らず、功(いさお)なくして神の恩恵(めぐみ)により、キリスト・イエスにある贖罪(あがない)によりて義とせらるるなり。
              ロマ書三章二三〜二四節


 自分が、よい行いや多額の献金をしたからというのでも、ボランティア活動をしたからでもない。神様の一方的な哀れみの中に、イエス・キリストが私たちの罪、汚れを背負って十字架にかかられ身代わりとして死んで下さったのである。

 私達があるがままで、イエス様にすがり、イエス様を心にお迎えするならば、神様は私達に「新しい良心」、「新しい尺度」を与えて下さる。神様は新しい規律で私たちの心をご支配下さり、神様の喜ばれる人生を歩む事ができる様にして下さるということである。

 本来私は十字架につけられて死ななければいけない悪い人間、罪深い人間であるにも関わらず、「かわいそうな人間だ。私は彼を救い上げよう」という、神様の哀れみにより救われ、罪、汚れを洗い清めていただいたのである。神様の愛である。

 愛とは、何でもかんでも良いですよというのではない。自分達が「神様ごめんなさい」とあやまる時、神さまの愛と赦(ゆる)しが与えられるのである。愛するということは、赦しも入るのである。

 愛は余分なものを排斥する。牧師宅の犬はこのよい例であろう。飼い主とその家族以外には猛烈にほえ、他の人の言うことを聞かない。本来おとなしいはずのシェットランド・シープドックだが牧師夫妻と松山夫妻の四人のいうことしか聞かないのだ。四人には忠実に従うが他人は一切うけつけないのである。


 以前、牧師がタイ国を訪問した時、五分で行ける所にタクシーで一時間もかかった上、大金を支払わされた。タイで伝道している宣教師に話すと、東京でも同じだという答えが返ってきた。東京でも外国人が乗ったら大抵、一方通行だ、なんだかんだといって遠回りをされる、と。


 宣教師が言うには、当時のタイには字の読めない人たち、自分の名前も書けない人たちが多くいた。しかし、そういう人たちの中に行って「人間は皆、罪人です。神さまから遠く離れている罪人です。」と言うと、「そうです。よくわかります。私たちは罪人です。」と答えたというのだ。

 一番仏教の強い国、タイの人達でさえ罪とは何かをよくわかっている。この人達に必要なのは、正しい礼拝の対象、創造主なる神様である。                     
       ( 続 く )


◎ 暗誦聖句 マタイ伝七章二〇節
さらば、その果(み)によりて彼らを知るべし。

 


本ページへの問い合わせは ruthdick@mtj.biglobe.ne.jp までお願いします。